「消化器外科」の記事一覧



肥満症の手術は、年間50症例以上の医師が名医!合併症発症率や再手術率が低下!


膵臓がんの外科的治療では、手術件数が多い名医ほど治療経過が良い!【米国論文】


手術数が多い病院は緩和ケアも上手!?


【ヨーロッパ論文】急性虫垂炎の腹腔鏡手術では、名医の目安は年間20件以上!


肝細胞がんに対する肝切除術は年間手術件数が多い名医ほど死亡率が低くなる!


病的肥満の治療で手術を検討している方は、合併症リスクを減らすためにも名医の治療を!


大腸がん切除手術では医師の年間手術件数によって合併症率に1.5倍の差が!


【カナダ論文】直腸がん手術は経験を積んだ名医の方が再発率・生存率において成績がよい


【米国論文】膵臓の低侵襲性(腹腔鏡下)手術は年間22件以上がいい病院の条件!


手術によっては病院全体の手術数よりも医師個人の手術数が重要!名医により術後死亡率が下がる!


肝移植は経験症例数の多い名医の方が胆道合併症が少ない!


とにかく便秘がひどい!なんとかしたい!どうすればいい?


消化器内科 vs 消化器外科:胃がん・大腸がんー迷いやすい診療科⑤


膵臓がん/胆道がん手術はかなり大掛かり


コーヒーを1日4杯以上飲む男性は膵臓がんに注意!


肝臓がんの治療は開腹手術による切除の他に、薬物による最新治療もあります


肝臓がんの原因と症状 沈黙の臓器と言われる所以は?


胆石/胆嚢炎の最新治療、単孔式内視鏡手術ではさらに傷が目立ちません


胆石/胆嚢炎は知らないうちに1000万人が罹患している!?


食道がんの手術療法と薬物療法


食道がんは喫煙、飲酒、刺激物の接種等が原因で発症すると見られています


大腸がんの手術療法と薬物療法


大腸がんの患者数は年々増えて現在は26万人います


大腸がんの治療を年間症例数の多い病院や名医が行うと手術後の死亡率が低い


がんの術後死亡率は、手術症例数の多い病院では半分以下に


難しい消化器手術は症例数の多い病院・名医で受けるべき!


傷の見えない手術!?名医による胆のう炎に対する腹腔鏡手術とは


症状・疾患別受診すべき医療機関-①消化器の症状(消化器内科・消化器外科)


“ドクターショッピングの間にがんの症状が悪化?”ー「受診する」って難しい!⑤


肝臓がん(手術,ラジオ波,など)ー知っておくべき治療法②