「精神科/心療内科」の記事一覧



双極性障害の治療では躁・うつ状態の症状が長くならないように再発予防!


双極性障害は受診を勧めたことが刺激になることも


双極性障害はきちんと治療を受けないと再発率が高まります


摂食障害は重症化しないうちに治療を開始することが重要です


摂食障害の症状は食欲不振症(AN)と過食症(BN)で全く異なります


摂食障害の患者数はこの20年間で10倍に増えています


パニック障害/不安障害の治療には薬物療法とともに精神療法の併用が効果的


パニック障害/不安障害は1〜2%の人が発症するといわれています


統合失調症の治療ではレジリアンス(回復力)を身につけることが大事です


統合失調症の症状は幻覚・妄想・思考障害・行動の異常などがあります


統合失調症は「病気と障害が併存する」といわれる疾患です


認知症の治療は薬物治療と心理/社会的アプローチの治療の併用が効果的です


アルツハイマー型認知症は前段階や軽度のうちに治療することが大事です


認知症は65歳以上で10%程度が発症!さらに今後も増加が見込まれています


発達障害の治療では心理社会的な治療が中心です


発達障害の一つ、自閉スペクトラム症の症状


発達障害のある可能性がある生徒は実は6.5%もいます


薬物中毒/アルコール中毒は家族だけで解決しようとせず、医師を受診しましょう


アルコール中毒は女性のほうが発症しやすく、遺伝的要因も関係します


薬物中毒/アルコール中毒は身体的な問題だけでなく、社会的問題にもつながります


うつ病の治療には薬物療法と精神療法をうまく組み合わせましょう


うつ病には「うつ病障害」「双極性障害」「非定型うつ病」の分類があります


うつ病は再発や慢性化の多い病気です


認知症になったら神経内科?精神科?心療内科?ー迷いやすい診療科②


症状・疾患別受診すべき医療機関-④メンタル・精神的な症状(精神科/心療内科)


うつ病なら心療内科?精神科?-迷いやすい診療科①