ビッグデータで最適な医師とマッチング!米国MD Insider

tag / / / /
ビッグデータで最適な医師とマッチング!米国MD Insider

医療業界もビッグデータの時代へ

今回ご紹介するのは、米国のスタートアップのMD Insiderというサービスです。

ビッグデータを活用して外科医の腕を評価しており、患者の加入保険情報や登録医師の業績、勤務地などをもとに最適な医師とのマッチングを行ったり、予約をしたりすることができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-21-23-33-41

MD Insider—これまでの軌跡

MD Insiderは2012年にカリフォルニア州サンタモニカにてデイビッド・ノリスによって設立されました。

過去に下手な外科医による手術を受けてしまった、ノリス自身の経験がもとにスタートアップされたこのサービス。最適なケアの提供、不必要な検査や治療過程の削減、より良い結果をもたらす、医療費抑制というミッションのもと、現在では、患者向けのコールセンター、ウェブサイト、マッチングサービスを展開しています。

また、設立4年目の2016年11月現在、850,000名もの医師データが登録され、2億5千万人の患者が利用しています。

そして何と今や、12億円の投資を受けるまで成長しました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-21-23-34-26

 

MD insiderの類似サービス

BetterDoctor

医療保険プランや患者の病状や条件に対応しつつ、地域の医者を探せるサービスです。これまでにSoftTechVC、500 Startups、Burrill & Coなど有名なベンチャーキャピタルなどから約2億6千万円の出資を受けています。

詳しくはBetterDoctorの記事をご覧ください。

ZocDoc

2007年に創業し、米国のヘルスケアスタートアップブームを牽引したとされています。これまでにFounders FundやKhosla Ventures、SV Angelなどから出資を受けているほか、個人投資家としてアマゾンのジェフ・ベゾス氏らも出資しています。

Amino

ビッグデータを活用することで、患者ごとに最適な医師を提案するきめ細かさを売りにしています。保険会社の顧客対応部門から取得した患者に関する膨大なデータを保有していることで、最適な紹介を可能にしています。同社は89万3000人の医師の情報を持っているとのこと。

 

日本での展開は?

MD insiderは、ビッグデータを活用して医師を評価し、患者に必要な情報を提供するという仕組みであるため、データ解析の技術さえ持ち込み、日米の保険制度の違いをシステムに反映すれば、日本でも十分展開可能なサービスだといえます。

ただし、MD insiderはまだアメリカ国内(シカゴ、ダラス、ニューヨーク、サンフランシスコ)での事業拡大を進めている段階であり、国外への展開計画は公表していません。

 

MD insider—今後の課題

MD insiderは12億円もの出資を受けており、先ほども申し上げたとおり2016年にはニューヨークを始めとする国内の大都市へサービス展開を進めています。

今後は、より多くの顧客を獲得し、他地域への展開を進めていくことで事業拡大していくフェーズとなります。

類似サービスが台頭するなか、どのようにアドバンテージを生み出していくかがキーポイントとなるでしょう。

 

 

名医検索サイトクリンタル

日本において、信頼性の高い名医紹介サービスや受診先相談サービスを行っているのが、株式会社クリンタルです。

日本全国の約20万人の医師から厳選された名医だけを掲載するという、今までにないサービスを提供しています。手術数や外来の待ち時間など、受診する名医を決めるために必要な詳細情報を掲載しておりますので、受診先を検討される際の参考にしてください。

「どの名医に治療をお願いすればよいのかわからない!」とお悩みの方には、クリンタルの名医紹介サービスをお勧めしています。クリンタルが独自に厳選した「3,500人の有数の専門医」「35,000人の街の名医」の中から、あなたの病気/症状やご希望を考慮して、クリンタルの医師が最適な名医をご紹介します

クリンタルの名医紹介サービス