病的な”むくみ”、リンパ浮腫の治療には形成外科の名医の手術が効果的!

tag / / / / / / /
病的な”むくみ”、リンパ浮腫の治療には形成外科の名医の手術が効果的!

リンパ浮腫とは

体の中には、血液とともにリンパ液も流れています。血液は血管を、リンパ液はリンパ管を流れています。リンパ浮腫とは、このリンパ液が体の中の特定の場所に多くたまった状態のことを指します。一般的には”むくみ”という表現の方が、よく使われていますが、”むくみ”は1日立ち仕事をしていれば誰にでも足におきるものである一方で、1日寝たぐらいでは改善しない病的な”むくみ”のことをリンパ浮腫と呼びます。また、リンパ浮腫は、リンパ水腫ともいいます。どちらの言い方でも同じ病気を指しています。

リンパ浮腫の「リンパ」とは

リンパ、という単語はみなさん耳にされたことがある方も多いと思います。リンパとは、毛細血管(非常に細い血管のこと)からにじみ出てリンパ管に取り込まれた体液です。色は血液とは異なり黄色っぽい色です。ちなみに、心臓から動脈で運ばれた血液のうち、90%が静脈を通して心臓に戻ります。残りの10%がリンパ液としてリンパ管系で運ばれるといわれています。

リンパ管は動脈や静脈といった血管とは異なる管です。全身の肌のすぐ下に細かく張り巡らされています。血管と比較して”第二の循環系”ともいわれまる所以です。血管が主に酸素や栄養を運ぶ役割を果たしているのの対して、リンパ管は体の抵抗力の発現と維持に重要な役割を果たしています。その他、体の組織から組織液を取り除いたり、脂肪を運ぶ役割もあります。

リンパの流れは、血液の流れる早さよりも遅く、その圧力も低いのが特徴です。また、静脈と同様、逆流を防ぐ弁も付いています。

リンパ節とは

リンパ節は、リンパ管の流れに沿って存在しています。細菌やウィルスなどの体内への侵入をくい止める役割を果たしています。それに加えて、ガン細胞の侵入も阻止しようとする働きもあります。

リンパ節の大きさは直径10〜30mmくらいで、そらまめのような形をしています。小指から親指くらいの大きさと考えてください。このそらまめ型のくぼんだような部分が、血管やリンパ管の出入り口になっています。なんと、この凹みの中に、およそ数十本ものリンパ管が入ってきています。なお、リンパ節は、成人で300〜600個存在すると言われています。

 

リンパ浮腫の原因

通常、リンパ管はたくさんのバイパスで、リンパ管同士がつながっているので、流れが詰まるということは、まず起こりません。ところが、何らかの原因で、リンパ液が流れているリンパ管や、リンパ管の途中にある関所のような場所であるリンパ節が、塞がってしまうことで、リンパの流れが止まってしまいます。その結果として、リンパ管やリンパ節が詰まった場所でリンパ液がたまってしまいます。このたまったリンパ液は、元のリンパ管系には吸収されにくいのでどんどん腫れてきて、リンパ浮腫をつくるのです。

 

リンパ浮腫 形成外科

リンパ浮腫の症状

リンパ浮腫はゆっくり進行するのが特徴です。通常、痛みを伴うことはありません。ただし、抗がん剤の副作用や手術後などで、急激に現れてくる場合は、赤くなったりかたくなったりといった変化を伴うこともあります。

リンパ浮腫は治療しないで放置していると、ゆっくりと進行し、範囲が広くなることが多いです。

ところが、人によっては何年間も軽いむくみのままだったり、反対に急速に進行して数週間で重度のむくみになることもあり、どんなはやさで悪化していくのか、一概にはいいにくいのが正直なところです。

リンパ浮腫の診断

リンパ浮腫に限った特別な診断法というのは現在のところ、ありません。病院や医院を受診すると、医師はまず、経過や症状を聞いて行なう問診、目で見て行なう視診と、むくみに触れて行なう触診を行ないます。その上で、超音波検査を行ないます。これにより、むくみの範囲を始め、リンパ浮腫の状態を客観的に知ることが出来ます。

また、必要に応じて、造影剤と言う薬を使って、リンパ管の状態を画像に表すこともあります。血液検査も行なわれます。

 

リンパ浮腫の治療

リンパ浮腫の治療方法は、大きく分けて”保存的治療”と”外科的治療”の2つに分けることが出来ます。

保存的治療

体への影響が比較的小さい方法のことをいいます。これは生活改善指導と理学療法に分けられます。まず、日常生活における注意事項や改善事項の説明と指導から行ないます。保存的治療の基本は、むくみをとるために、むくんだ部分を休めること、そして上に上げて、たまったリンパ液を流し出すことにあります。

そして、続いて理学療法という治療を行ないます。具体的にはスキンケア、リンパドレナージ、圧迫療法、運動療法となります。

スキンケア

リンパ浮腫でむくんだ部分は、肌が弱くなって傷つきやすい、バイ菌に冒されやすい状態になっています。そこで、肌の状態を整えて他の病気が併発しないようにケアすることが大事です。例えば肌が乾燥してカサカサしていたら保湿を行います。角化とよばれる肌が固くなった状態になれば、角化を治すための軟膏を塗布してもらいます。また、日焼けは肌を痛めますので、紫外線には注意して日焼け止めを使ってください。

リンパドレナージ

手足にたまったリンパ液を流し出すためには、たまった付近にあるリンパ管系のわき道=バイパスを通して排出するのが効果的です。十分リンパドレナージを行なうことが出来れば、たまったリンパ液が流れ出します。

各人の症状によって方法は千差万別です。誤った方法や、合わない方法でドレナージを試みても効果は乏しいですし、逆効果なこともあります。必ず医師や理学療法士などの医療従事者に症状にあった方法を説明・指導してもらってください。

圧迫療法

エコノミークラス症候群(エコノミークラスシンドロームともいいます)という病気をお聞きになったことはありませんか。飛行機などに搭乗した際、長時間同じ姿勢でい続けた時に、血の巡りが悪くなり足に血液がたまってむくんで起こる病気のことです。正式には”深部静脈血栓症”といいます。このエコノミークラス症候群の予防のためには、男女関係なく足にストッキングをはくと効果的です。

外科手術をうける際にも、弾性ストッキングをはいてむくみを予防します。ただし、手術を受けた後に用いる弾性ストッキングはベッドに寝た状態に最適化されていますので、日常生活向けではありません。

リンパ浮腫の際もエコノミークラス症候群と同様で、弾性ストッキングなどを用いて圧迫することでむくみの改善を図ります。この時用いる弾性ストッキングなどを総称して弾性着衣とよんでいます。

弾性ストッキング

この場合も、各人のリンパ浮腫の場所や症状により適切な弾性着衣のサイズや形が異なります。適当に弾性ストッキングをはいていたら、かえってむくみが悪化することもあります。必ず医師や理学療法士、看護師などの医療従事者から各人の症状やむくみの場所にあった弾性着衣を選んでもらい、なおかつ使い方を指導してもらって適切に使用するようにしてください。

運動療法

むくんだ足を圧迫しつつ運動する治療法です。リンパ管系を刺激して、リンパ液の流れをよくする効果があります。

運動の強さは、それほど要求されません。散歩や簡単な筋肉運動で十分です。毎日、生活習慣のひとつとして行なえるようなものを選ぶのがポイントです。決して負担の大きな運動ではなく、コツコツ適度に繰り返せる運動をしてください。ですから、登山やサッカーなど激しい動きを伴うものはお勧め出来ません。

外科的治療

外科手術のことです。体への負担が小さい保存的治療で効果が乏しい場合、外科的手術を行なうこともあります。この場合は、リンパ管ー静脈吻合手術という方法を選ぶことになります。これは、リンパ液の流れが悪くなっているリンパ管を正常に血液が流れている静脈につなげるというものです。簡単にいうとリンパ管と静脈をバイパスでつなげるということです。詰まったリンパ管からリンパ液を静脈に排出することで、むくみの改善を図ります。リンパ管は非常に細くもろいので、静脈とリンパ管をつなぐ手術は経験を積んだ形成外科の名医にしかできません。保存療法をやっても改善ができない場合にはリンパ管静脈吻合手術を検討するために名医を受診しましょう。

 

 

名医検索サイトクリンタル
名医検索サイトクリンタルでは日本全国の約30万人の医師から厳選された名医だけを掲載しております。手術数や外来の待ち時間など、受診する名医を決めるために必要な詳細情報を掲載しておりますので、受診先を検討される際の参考にしてください。

「どの名医に治療をお願いすればよいのかわからない!」とお悩みの方には、クリンタルの名医紹介サービスをお勧めしています。クリンタルが独自に厳選した「3,500人の有数の専門医」「35,000人の街の名医」の中から、あなたの病気/症状やご希望を考慮して、クリンタルの医師が最適な名医をご紹介します

クリンタルの名医紹介サービス