手術によっては病院全体の手術数よりも医師個人の手術数が重要!名医により術後死亡率が下がる!

tag / / / /
手術によっては病院全体の手術数よりも医師個人の手術数が重要!名医により術後死亡率が下がる!

手術の質の差は病院によるのか、医師によるのか

病院で大なり小なり、手術を受けた経験がある人は少なくないと思います。簡単な手術であればそれほど差はないかもしれませんが、複雑な手術、難しい手術ほど病院によって術後の結果に差がでてきます。その結果の差とは、例えば、5年後の生存率であったり、再発率であったり、入院中の合併症率であったりします。

しかし、その差が「病院」によるものなのか、「医師」によるものなのかというのは、非常に難しいところです。病院の違いによる原因としては、医療機器や設備の差、医師以外の看護師や検査技師などのスタッフの差、などが考えられるでしょう。医師による違いは、技量の差や知識の差などが原因として考えられるでしょう。

手術結果には両方が関係してきそうですが、ではどちらを重視すればいいのかと言われるとかなり難しいと思います。今回はこの問いに関連する研究結果を紹介させていただきます。

 

執刀医の経験値と術後の死亡率に関する論文

今回紹介する論文は、The New England Journal of Medicineという医学界では有名な雑誌にのった米国の論文です。

米国のメディケアという保険データベースに登録されている疾患情報を対象に分析を行っています。1998年~1999年にかけて、冠動脈バイパス手術、大動脈弁置換術、肺癌切除術、食道癌切除術など8種類の手術を受けた474,108人の患者に対して、術後30日以内の死亡率と病院全体での手術数・執刀医個人の手術数の関連を分析しました。

 

執刀医の手術経験数が多いほど術後死亡率が低い!

結果として、手術の種類によって差はあるものの、経験数の多い医師が執刀したほうが、術後の死亡率が低いことがわかりました。経験数の少ない医師と多い医師で比較すると、最も差が大きかった膵切除では、死亡率が3.61倍も違っていました。最も差が小さかったのは肺切除で、それでも1.24倍違いました。

さらに、執刀医の経験値の差と施設の差がどれだけ結果に影響を与えているかを分析したところ、大動脈弁置換術では執刀医の経験値のみが結果に影響をし、施設の差は関係ないという結果になり、膵切除でも執刀医の経験の差が55%影響するという結果になりました。先ほど差の小さかった肺切除では24%が執刀医の経験の差により、ほとんどは施設の差が影響しているという結果でした。

また、ほとんどの手術において、病院全体の手術数が多かろうとも、経験数の少ない医師は、経験数の多い医師よりも死亡率が高いということがわかりました。

 

手術によっては病院全体の手術数をみるだけでは不十分!

今回紹介した論文からは、手術によっては、医師個人の手術経験数が重要なものもあり、病院全体の手術数が重要なものもあるという結果でした。

これは、手術によっては術中の繊細な手技が合併症の発生抑止に最も重要なものもあれば、術後の出血や感染など合併症の早期発見が重要なものもあるということで、全くその通りであると思われます。前者であればまさに医師の技量が問われますし、後者であれば日々のケアの中で合併症に気づくナースや病棟の問題ですので、施設としての体制が問われます。

今回論文で取り上げられたものは比較的難易度の高い手術が多い為、医師個人の技量を重視すべきという結果でしたが、これが白内障や虫垂炎など、より一般的な手術も含めた場合にはまた違った結果になるかもしれません。しかし、手術を受ける場合には、病院全体の手術数はもちろんチェックすべきですが、医師個人の経験手術数を知っておくことも重要であると考えられます。それによって術後死亡率が大きく違ってくる場合もあるのですから。

 

【参考文献】

Resource: Surgeon Volume and Operative Mortality in the United States, N Engl J Med 2003;349:2117-27.John D. Birkmeyer, M.D., Therese A. Stukel, Ph.D., Andrea E. Siewers, M.P.H., Philip P. Goodney, M.D., David E. Wennberg, M.D., M.P.H., and F. Lee Lucas, Ph.D.

 

名医検索サイトクリンタル
名医検索サイトクリンタルでは日本全国の約30万人の医師から厳選された名医だけを掲載しております。手術数や外来の待ち時間など、受診する名医を決めるために必要な詳細情報を掲載しておりますので、受診先を検討される際の参考にしてください。

「どの名医に治療をお願いすればよいのかわからない!」とお悩みの方には、クリンタルの名医紹介サービスをお勧めしています。クリンタルが独自に厳選した「3,500人の有数の専門医」「35,000人の街の名医」の中から、あなたの病気/症状やご希望を考慮して、クリンタルの医師が最適な名医をご紹介します

クリンタルの名医紹介サービス