血清カルシウム濃度が低いときには、いろんな病気の可能性があります!

血清カルシウム濃度が低いときには、いろんな病気の可能性があります!

体内の「血清カルシウム濃度が低い」ということが健康診断の血液検査で判明した場合、あなたはどのように解釈するでしょうか。

「カルシウムが足りていないのだからカルシウムを摂取すればいい」という安易な判断を自分で下してはいけません。血清カルシウム濃度が低いということは、もちろん単純にカルシウム不足が原因の場合もありますが、裏に様々な病気が隠れている可能性があります。

本日のコラムでは、血清カルシウム濃度が低い場合に、体はどんな状態になっているのか、血清カルシウム濃度が低い原因、その時に考えられる疾患などについて詳しく説明していきましょう。

 

カルシウムの働きについて

まずはカルシウムについての基本的な知識をおさえておきましょう。私たちの体内でカルシウムは歯や骨の材料となっていることは広く知られていますが、役割はそれだけではありません。神経の刺激伝達や筋肉の収縮に関与したり、体内のイオンバランスを保ったり、血液凝固を促進させたり、心機能の維持にも関与したりしています。このようにカルシウムは生命維持に欠かせないミネラルなのです。体内に存在するカルシウムのうち99%は歯と骨に、残り1%が血液中や細胞にあります。

血液中のカルシウム濃度が低下した場合は、首にある甲状腺にくっついている「副甲状腺」から分泌される「副甲状腺ホルモン」が骨を刺激して、骨のカルシウムを血液中に放出させます。その他にも「副甲状腺ホルモン」は尿中に排出するカルシウム量を減らしたり、消化管のカルシウムの吸収量を増加させたりします。「副甲状腺ホルモン」によって、血中カルシウム濃度のバランスが保たれているのです。

 

血清カルシウムとは何か

血清カルシウム濃度とは、血液中の血清部分のカルシウム濃度のことを示します。血清カルシウムは約40%がアルブミンというタンパク質と結合して、残りは単体でカルシウムイオンとして存在しています。アルブミンと結合しているカルシウムは貯蔵用で実際に何も機能はしません。カルシウムイオンのみが体の生理機能に働きかけます。つまり、血清カルシウム濃度が低いことで生じるさまざまな影響は、アルブミンと結合しているカルシウムの量は関係なく、カルシウムイオンが低いことによって生じるということです。

 

血清カルシウムが低いと判断する基準は?

つづいて血清カルシウム濃度の正常値ですが、血清カルシウム濃度が8.5~10.2 mg/dlの範囲にあると正常と判断します。したがって、血清カルシウム濃度が8.5 mg/dl未満で血清カルシウム濃度が低い状態を「低カルシウム血症」と呼びます。

参考:
http://www.osaka-med.ac.jp/deps/kns/list.html
https://square.umin.ac.jp/endocrine/tebiki/003/003001.pdf

なお、血清カルシウム濃度は低い場合もさまざまな影響を及ぼしますが、血清カルシウム濃度が高すぎる値をとる場合も注意が必要です。副甲状腺機能亢進症や癌、骨の疾患を疑わなければなりません。

 

血清カルシウム濃度が低くなる原因・疾患について

血清カルシウム濃度が低くなる原因・疾患には以下のものが挙げられます。

カルシウム不足

単純にカルシウムの摂取量が足りていないと血清カルシウム濃度は低くなります。

副甲状腺機能低下

副甲状腺の機能が低下すると、副甲状腺ホルモンの分泌量も低下してしまいます。そのため、副甲状腺ホルモンによって、骨から血液中に補充されていたカルシウム量が減少し、血清カルシウム濃度が低くなってしまいます。

ビタミンD欠乏症

ビタミンDは、腸管でカルシウムの吸収を促進したり、腎臓でのカルシウムの再吸収を促進したりする働きを持ちます。つまり、血清カルシウム濃度を上昇させます。そのため、ビタミンDの摂取不足や日光に浴びずに体内でのビタミンDの合成量が低下すると、血清カルシウム濃度が低い状態になってしまいます。

腎機能障害

血清カルシウム濃度が低くなる原因の中で多いものが腎機能障害によるものです。腎機能が低下するということは、「尿のろ過機能がうまく働かなくなる」ということです。そのため、再吸収されるべきカルシウムが尿中に排泄されてしまい、結果として血清カルシウム濃度が低下してしまいます。

急性すい炎

急性すい炎は、異常に活性化されたすい臓の消化酵素によってすい臓や他の臓器を消化してしまう炎症性の疾患です。臓器が消化されると脂肪組織が壊れ、分解されます。このとき分解された脂肪酸は血中のカルシウムイオンと結合して組織に沈着するのです。こうして血中のカルシウムイオンが消費され、血清カルシウム濃度が低くなってしまいます。

薬剤

薬の副作用で血清カルシウム濃度が低くなることがあります。例えば、骨粗しょう症の薬では、骨からカルシウムが溶け出すのを止める働きがあるため、血清カルシウムは低くなります。その他にも、抗生物質(リファンピシン)や抗けいれん薬(フェニトイン、フェノバルビタールなど)、胃炎の薬(H2ブロッカーなど)などで低カルシウム血症がおきることがあります。

血清カルシウム低い

 

血清カルシウムが低い場合の精密検査は?何科にかかればよいか。

血清カルシウム濃度が低いという結果がでた場合は、まず純粋なカルシウムイオンの濃度を調べる必要があります。なぜなら血清カルシウム濃度は「アルブミンと結合しているカルシウム濃度」と「カルシウムイオン」の総カルシウム濃度が測定されているからです。

前述した通り、アルブミンと結合しているカルシウムは生理活性がないので、カルシウムイオン単体の濃度が低いかどうかを見極める必要があります。そのため、アルブミン濃度を測定してカルシウムイオン濃度を算出しなければなりません。

その他の精密検査としては、血清カルシウムが低い原因を特定するために、腎機能の評価や、マグネシウム、リン酸、副甲状腺ホルモン、ビタミンDなどの各濃度の測定を行います。併せて、遺伝や薬剤による影響や症状なども確認しながら原因を特定しなければならないため、専門の内分泌科で診てもらうようにしましょう。

 

血清カルシウムが低い場合の自覚症状について

血清カルシウムは筋肉や神経の働きにも関わっているため、カルシウムの濃度が低くなると、神経・筋肉の興奮性が亢進して、手指や唇のしびれ、異常感覚、こわばりや手足、腹部の痙攣を生じることがあります。また、高度に血清カルシウムが低くなると全身性の痙攣(けいれん)を引き起こすことがあります。

 

血清カルシウムが低い場合の治療方針

何か基礎疾患があって血清カルシウムが低くなっている場合は、まず基礎疾患の治療が第一です。基礎疾患を治療することで血清カルシウム値は正常に戻ります。血清カルシウムが低いことですでに何らか重大な症状がでてきている場合は、カルシウムの静脈内投与を行い、まずはカルシウムの値を補正します。単純な摂取不足の場合は、経口のカルシウムサプリメントやビタミンDサプリメントを摂取します。

 

まとめ

血清カルシウムが低いということが判明したらまずは、原因・疾患を特定することが大切です。血清カルシウムが低いということはカルシウムをたくさん取ればよいのだろうと、やみくもにカルシウムを摂取しても、原因がカルシウム不足でなければ、そちらを改善しない限り治りません。カルシウムは骨をつくるだけでなく、生命維持に欠かせないミネラルです。そのため不足すると、心機能、神経や筋肉の働きにも悪影響を及ぼしてしまいます。1日でも早く原因を特定し、治療を開始しましょう。

 

 

名医検索サイトクリンタル
名医検索サイトクリンタルでは日本全国の約30万人の医師から厳選された名医だけを掲載しております。手術数や外来の待ち時間など、受診する名医を決めるために必要な詳細情報を掲載しておりますので、受診先を検討される際の参考にしてください。

「どの名医に治療をお願いすればよいのかわからない!」とお悩みの方には、クリンタルの名医紹介サービスをお勧めしています。クリンタルが独自に厳選した「3,500人の有数の専門医」「35,000人の街の名医」の中から、あなたの病気/症状やご希望を考慮して、クリンタルの医師が最適な名医をご紹介します

クリンタルの名医紹介サービス