悪性脳腫瘍には、手術・抗がん剤治療・放射線治療の全てで対抗!

tag / / / / /
悪性脳腫瘍には、手術・抗がん剤治療・放射線治療の全てで対抗!

悪性脳腫瘍の概要

脳にできる腫瘍は、発生場所が脳にあるのか、脳以外にあるのかによって2つに分けることが出来ます。前者を、”原発性脳腫瘍”、後者を”転移性脳腫瘍”といいます。このうち、原発性脳腫瘍については、良性腫瘍と悪性腫瘍の2種類に分けられます。転移性脳腫瘍は、違う場所でできたがんが転移しているということなので、すべて悪性腫瘍となります。

悪性腫瘍は、大きくなるスピードが非常に速いのが特徴です。良性腫瘍の成長速度が年単位であることに対して、悪性腫瘍のそれは数週間単位となります。残念ながら、脳腫瘍は、他の腫瘍性病変と比べて、悪性腫瘍の割合が高いです。脳は、人間の生命を維持する上での司令塔に相当する存在です。その脳に悪性腫瘍ができた場合、その大切な脳組織に浸透するように急速に広がっていきます。また、脳は身体の他の部分とは異なり、リンパ系組織がありません。悪性腫瘍は、このリンパ系組織を通じて身体の他の組織に転移を起こすのですが、脳にはこのリンパ組織がないので、脳に発生した悪性腫瘍が体に転移を起こすことはほとんどありません。ただし、脳に発生した悪性腫瘍が、脳の別の部分に転移することはあります。

悪性脳腫瘍の進行具合の指標

悪性腫瘍の進行具合をしめす指標として、ステージ(病期)分類というものがありますが、悪性脳腫瘍の場合は、これがありません。グレード(進行度)という指標を用いて表します。ステージ(病期)分類とは、悪性腫瘍の他の部分への転移状況により、進行具合を判断する方法です。ところが、悪性脳腫瘍が、ほかの悪性腫瘍とは異なり、脳以外の組織や臓器に転移することが少ないので、ステージ(病期)分類では、進行具合を表しにくいのです。

脳腫瘍のグレード分類

グレードのⅠが良性腫瘍で、グレードⅡ・Ⅲ・Ⅳが、悪性脳腫瘍となります。

グレード Ⅰ(良性腫瘍)
腫瘍が大きくなる速さが、非常にゆっくりな腫瘍です。外科手術で完全に摘出できれば治ります。

グレード Ⅱ(悪性腫瘍)
腫瘍が大きくなる速さが、ゆっくりで数年かけて大きくなる腫瘍です。グレードⅠとは異なり、脳に浸透していきます。そのため、完全に摘出することが難しいことがあり、その場合、再発することもあります。

グレード Ⅲ(悪性腫瘍)
腫瘍が大きくなる速さが、速い腫瘍です。病理検査で明らかに悪性腫瘍を示します。手術で完全にとりきれることはまずなく、化学療法や放射線治療が必要です。

グレード Ⅳ(悪性腫瘍)
腫瘍が大きくなる速さが、とても速い腫瘍です。悪性度は非常に高く、脳の中の広い範囲に腫瘍が広がっていきます。多くの場合、1年以内に亡くなります。

悪性脳腫瘍の検査

上記のようなグレードは、CTやMRIの画像検査で脳腫瘍のタイプを診断することで決まります。

 

悪性脳腫瘍の症状

頭痛・吐気・嘔吐

脳は、頭蓋骨という分厚い骨で、外部から守られています。脳腫瘍ができて、どんどん大きくなっていっても、頭蓋骨が大きくなることはないので、必然的に頭蓋骨の内側の圧力が高まってきます。これを”頭蓋内圧亢進”といいます。その結果、頭痛、吐気、嘔吐を起こすようになるのです。脳腫瘍が原因の頭痛の特徴は、頭痛が持続性に起こり、特に朝目覚めた時には強く、昼間には若干改善することにあります。頭痛の症状が進行していきますと、次第に吐気や嘔吐を伴うようになってきます。

けいれん

脳腫瘍が、腫瘍周辺の脳神経を刺激することで、けいれん発作が起こります。けいれんの症状はさまざまですが、成人にけいれんが起こった場合は、まず脳腫瘍を疑います。

その他症状

脳腫瘍が発生した部位におり、さまざまな症状が現れます。もし、言葉をつかさどる部分に発生した場合は、”単語や言葉を間違えやすくなる”、”言葉が出にくい”、”うまく話すことが出来ない”といった症状になります。この場合を”失語症”といいます。また、視力を司る部分に脳腫瘍が発生した場合は、ものが二重に見えるようになる”複視”や、視野が狭くなったり、視野の一部が失われてしまったり、目がかすむなどの視力に関連する症状があらわれることがあります。その他、ふらつきやめまい、歩きにくくなる、手がうまく動かせなくなる、物忘れがひどくなるなどの症状もあります。

悪性脳腫瘍 脳神経外科

悪性脳腫瘍 脳神経外科

悪性脳腫瘍の治療

悪性脳腫瘍治療は、腫瘍切除手術・抗がん剤治療(化学療法)・放射線治療の3種が基本となります。まず、画像診断で腫瘍が疑われた場合、手術を行い、腫瘍組織の病理学的検査を行ないます。これにより、どのタイプの脳腫瘍かを特定します。腫瘍の病理学的検査は、手術中に腫瘍の性質を確認するために行なわれる”術中迅速診断”と”、手術後にしっかり時間をかけて丁寧に確認する”永久病理診断”にわかれます。前者は、どのタイプの腫瘍かを特定することで、腫瘍の切除範囲を決定する判断材料となります。手術中に行われるために病理医にもスピードが求められます。

悪性脳腫瘍切除手術

悪性脳腫瘍の治療の基本となるものです。腫瘍はどこにできてもそうですが、外科手術により腫瘍をあますことなくすべて切除することが出来れば、完治が望めるからです。しかしながら、摘出しやすい良性脳腫瘍を除いて、悪性脳腫瘍は、水がしみ込むように脳神経組織に広がっているために、手術だけで完全に取り除くことは非常に困難です。手術に際しては、神経ナビゲーションシステムを用いることで、腫瘍の位置を正確に把握することが出来るようになりました。現在では、そのおかげで脳腫瘍手術の安全性と正確性が非常に高められました。

神経ナビゲーションシステム

手術中に、脳のどの部分を処置しているのかをリアルタイムで確認出来るものです。手術前にあらかじめ撮影しておいたCTやMRIの画像上に、手術部位の情報を表示することで、見えづらい頭蓋内の状況を立体的に把握しやすくするものです。位置情報を得る方法は、カメラを使う方法や磁力を使う方法などさまざまで、各メーカーの特徴となっています。

 

悪性脳腫瘍に対する放射線治療

脳は、身体の感覚や動きを司るいわば生命の司令塔ですので、悪性脳腫瘍だからといって、がん細胞が浸透していそうだと疑われるところをすべて取り除くわけにもいきません。そこで、放射線治療が行なわれます。また、たとえ良性脳腫瘍であっても、再発を繰り返す場合は、放射線治療を行なうことになります。放射線治療は、大きく分けて”通常分割外照射法”と”定位的照射法”の2つにわけることができます。

通常分割外照射法

大きく正常な脳組織に浸潤する悪性脳腫瘍の場合に用いられます。照射範囲は広範囲に及びますが、20~30回に分割して照射しますので、正常な脳組織への影響を最小限に留めることができます。その代わりに、必要な治療日数は数十日になります。

定位的照射法

腫瘍組織にだけ放射線照射が可能な近年開発された新しい放射線治療の方法です。定位的放射線治療装置、通称ガンマナイフとよばれる装置で行ないます。通常分割外照射法とは異なり、照射は1回だけです。脳腫瘍の位置を、あらかじめ正確にCTやMRIを用いて測定し、頭をしっかりと固定した上で放射線を照射します。そのため、正常脳組織が余分な放射線を受けることがありません。この大きなメリットがある反面、適応となる腫瘍の大きさに限度があります。腫瘍の直径が30mm程度までの転移性脳腫瘍などが適応となりますので、大きな腫瘍には使えません。新型モデルになればなるほど、自動化される範囲が広くなり、操作ミスなどの人的エラーのリスクが低下しています。

 

悪性脳腫瘍に対する抗がん剤治療(化学療法)

悪性脳腫瘍の場合の抗がん剤治療は、外科手術の後に、もしくは放射線治療と同時に行ないます。悪性脳腫瘍でも、抗がん剤治療の効果が期待出来るかどうかは、腫瘍の正確によって異なりますので、病理学的検査で正確に腫瘍を診断することが大切となります。

 

名医検索サイトクリンタル
名医検索サイトクリンタルでは日本全国の約30万人の医師から厳選された名医だけを掲載しております。手術数や外来の待ち時間など、受診する名医を決めるために必要な詳細情報を掲載しておりますので、受診先を検討される際の参考にしてください。

「どの名医に治療をお願いすればよいのかわからない!」とお悩みの方には、クリンタルの名医紹介サービスをお勧めしています。クリンタルが独自に厳選した「3,500人の有数の専門医」「35,000人の街の名医」の中から、あなたの病気/症状やご希望を考慮して、クリンタルの医師が最適な名医をご紹介します

クリンタルの名医紹介サービス