膵臓がん/胆道がん手術はかなり大掛かり

tag / / / / / / / / / / / / /
膵臓がん/胆道がん手術はかなり大掛かり

膵臓がん/胆道がんの治療法

どちらのがんも外科療法、化学療法(抗がん剤治療)、放射線治療があります。

1.外科療法

【膵臓がん】
外科療法は、がん組織と転移予防のために周囲のリンパ節を取り除きます。がんの発生場所やがんの大きさなどから、どのように手術するかは決まります。
手術方法は以下の通りです。

a: 膵頭十二指腸(すいとうじゅうにしちょう)切除
がんが膵頭部を中心にしてある場合、十二指腸、胆管、胆嚢も含めて膵頭部を切除します。また、がんが胃の近くにある場合は、胃の一部を切除することもあります。

b: 膵体尾部切除
膵体尾部にがんがある場合、膵体と尾部と、通常は脾臓も一緒に切除します。
c: 膵全摘出

膵臓全体にがんが広がっている場合は、全摘出を行います。膵臓の機能がすべて失われてしまいますので、部分切除では完治が期待できない場合にのみ行います。全摘出後はインスリンの投与が必ず必要になります。

d: バイパス手術
十二指腸がふさがって食事が取れなくなる場合がありますので、予防として胃と小腸をつなぐバイパス手術や、胆管と小腸をつないで黄疸を予防する胆道バイパス手術があります。

【胆道がん】
がんの広がりに応じた手術方法をとります。胆道は肝臓の中および、膵臓の中を通っているので、肝臓がん・膵臓がんの術式と一部同じになります。肝切除術、拡大肝切除術、胆管切除術、膵頭十二指腸切除術などの組み合わせになります。
手術の規模が大きく、肝臓や膵臓などの重要な臓器にも処置が及びますので、術後の合併症や手術による死亡のリスクが、他のがん手術にくらべて高いといえます。

2.化学療法(抗がん剤治療)

がん細胞が転移(膵臓や胆道以外の場所で発生)しており手術では完治が期待できないような場合や再発した場合に化学療法(抗がん剤治療)が行われます。抗がん剤には痛みを和らげる効果や生存期間を延長する効果があることが証明されています。術後に一定期間抗がん剤を使用することで再発が予防できることが証明されていますので、最近では一般的に行われています。その治療法のことを術後補助化学療法(アジュバント)と呼びます。
抗がん剤には様々な副作用や病状に合う合わないがありますので、どの抗がん剤を使用するかは主治医から良く話を聞いて、選択する必要があります。

3.放射線療法

放射線をがんに照射することでがんを小さくしたり、がんの進行を抑制する治療方法です。

膵臓がんにおいては、がんが主要な血管を巻き込んで広がっている場合など手術ではとりきれない場合に行われます。抗がん剤と組み合わせて使用することでより高い効果が得られることが期待され実施され、化学放射線療法と呼ばれています。この化学放射線療法は手術ができないような場合の標準治療の1つとされています。

胆道がんにおいては、外部照射法と腔内(くうない)照射法があります。外部照射法は体の外から少ない線量の放射線を複数回に分けて照射します。一方腔内照射法は、ラジウムやイリジウムの針をがんの近くに送り込み、がんとその周囲だけに放射線を照射するものです。

外部放射線療法(一般的な放射線療法)の副作用は、放射後すぐに発症するような全身倦怠感、食欲不振があります。ある程度時間が経過する、消化管の潰瘍・出欠、胆管閉塞、血管閉塞や出血などが生じることがあります。

 

膵臓がん/胆道がんの最新治療

がんの最新治療は各製薬会社や医師が主導して行う臨床試験で行われることが多いです。臨床試験で良好な結果が示されたものを厚生労働省が標準治療として承認し、その後臨床試験を実施していない施設でもその標準治療を受けることができます。最近のがんの臨床試験の流行はPD-1/PD-L1を筆頭とした免疫療法ですが、日々新しい薬剤・治療法が検討され臨床試験を実施していますので、目まぐるしく進歩しています。悩める時にはセカンドオピニオンなどを活用して名医に相談してみましょう。

 

 

 

名医検索サイトクリンタル
名医検索サイトクリンタルでは日本全国の約30万人の医師から厳選された名医だけを掲載しております。手術数や外来の待ち時間など、受診する名医を決めるために必要な詳細情報を掲載しておりますので、受診先を検討される際の参考にしてください。

「どの名医に治療をお願いすればよいのかわからない!」とお悩みの方には、クリンタルの名医紹介サービスをお勧めしています。クリンタルが独自に厳選した「3,500人の有数の専門医」「35,000人の街の名医」の中から、あなたの病気/症状やご希望を考慮して、クリンタルの医師が最適な名医をご紹介します

クリンタルの名医紹介サービス